フルート吹きながら歌う(喉が閉まってしまう人にも有効)

この吹きながら歌うという現代奏法。現代曲では頻繁に使用されるテクニックです。

このテクニックは、そんなには難しくありません。とにかく吹きながら歌う。最初は楽器なしでフルートを吹くような口の形にして「うー」と声を普通に出します。そして、息をフルートを吹くかのように勢い良く出す。その時に声が止まらないようにします。喉の振動が(喉に)感じられるかもしれません。次は楽器を持って、音を出し、そして声を出してみましょう。音は「悪く」なり、声も「美声」ではないのですが…この奏法が狙っているのは別効果なので、それで構いません。↓冒頭のソロが吹きながら歌っている。


このようなテクニックが出てくる曲を浚うのは上級者だけかもしれませんが、ただ、この奏法、意外な所で別効果があります。それはフルートを吹く時に喉がウッウッと鳴ってしまう人です。喉がウッと鳴るのは、喉が変に閉まっていたり、力が入っていたりするから。段々治りましたが、当初私もそういうことが良くありました。


同時に歌う声帯を態と鳴らすこの方法は、喉に力が変に入っていると出来ないのと、喉の振動を自身で感じる事が出来るので、より喉に意識を自然と持って行くようになるようです。


喉の解放にも使える現代奏法!是非練習してみましょう!


  現代奏法エチュード
  奏法の説明集(曲ではない)




リクエストはこちらから
目次一覧へ
教本一覧へ
ベルギー発子供用教本へ



KANDA NOZOMI MUSIC  ホームページ
KANDA NOZOMI MUSIC  フェイスブック