脱力運動その3:上半身を縮こまらせずにユッタリと使う運動

脱力運動続編です。

上半身上部の脱力最後です。この運動は「脱力」というより、体を(ゆったり)大きく使う、スペースを知るという感じかもしれません。

今私もパソコンを打っていますが、目先は数十センチ前の画面、手はキーボードの上です。これをずっと続けていると、全てが△のてっぺんに集中したような感じ・・・・と言えば良いでしょうか、肩は凝るし首は凝るし・・・

フルートも譜読みを続けて、難しい指使い、出しにくい音と戦っているうちに、肩に力が入り、目線は数十センチ先の譜面に釘付け・・・本番前にはさらに必死さも増し、そしてそのまま本番へ。△のてっぺんに力が入ったまま・・・

今回ご紹介する体操は二人組で行います。
1人は椅子に座り、もう1人は横に立ちます。
座った人は片方の腕を伸ばし、もう1人の人はその手首を支えます。
座った人はもう片方の手で、自分の鎖骨の間辺り、頸椎(首骨)との交差点辺りに手を置きます(首を動かすと動きが感じられる所。動きを感じるためです。)
次にゆっくりと立っている人がいる方向に顔を向けます。
自分の指先をしっかり見て、そして立っている人と視線を合わせます(このときの体の動きにも注意を計りつつ・・・)。
この距離を見ることと、骨の動きを知ることが大事です。
そしてまたゆっくりと、今度は反対方向に首を向けます。
そして元に戻します。
何回か行って、交代します。

例によって、あまり上手でない絵による解説です↓(立ってる人が顔無しになってしまいました )

目線を合わせるのが大事

以前ご紹介した、簡単なヨガの本にも書かれていますが、この距離を見るという感覚は中々新鮮です。いかに自分は狭い所を見ていたか・・・と感じる人もあるかもしれません。

この「自分の空間を感じ取る練習」は色々とあるのでまた紹介していきたいと思いますが、講習会でこの練習をした後に皆が楽器を持ってみると、音がまず飛んでくる。既に楽器を構えるジェスチャーがゆったりしている(せせこましく楽器を構えるプロの人はいませんね・・・)など、耳にも見た目にも変化がありました。面白いものですね。皆さんも空間を見る練習&体の動きを感じる練習をしてみてください。それこそ、視野を広く持つことの大事さを時間できるかもしれません。

この本の中にも少し空間を見る練習があります。



脱力運動その2:肩の脱力ー腕まわし

あけましておめでとうございます。今年も更新していきたいと思います。去年は少し間が開いてしまいましたから、今年はなるべく定期的に!

前回の脱力運動、バランス立ちの記事を読まれた方から、肩の力抜きの運動のリクエストをいただきましたので、今回の話題は「肩」!


私も音大受験時代、肩がおばあちゃんみたいに凝ってると友人に言われました。ガッチガチ・・・でも、皆さん試しにググっと肩に力を入れてみてください。同時に首&肺周辺も力はいりませんか?これでは音が飛ばないだろうというのは、想像もつきやすいですよね!

ということで、早速肩の脱力運動へ!新年早々、肩凝りを治そう!(多分肩こりも少しなおる気が??)


肩の脱力運動は二人一組なことが多いのですが、この運動は壁を使ってもなんとか出来るかもしれません。

とりあえず腕をぐるぐる回すという体操です。ただし、反動をつけたり、勢い良く、速くまわしたりという必要性は全くありません全く逆で、肩甲骨の動きを認識するための体操なので、手の先ではなく、腕の根元を意識して腕を回します。腕を伸ばしているのがつらかったら、腕を曲げていても構いません。前回し、後ろ回し、水平前後運動と、とにかく可能な動きを、適当に変えながら行います。その間、肩甲骨のところに相方が手を当てておくと、より一層肩甲骨の動きが分かります(それを一人の場合は壁で行うことも出来る)。手を置いている方も、相方さんの動きを感じることで、骨の動きが分かります。

何分間か行い、動きを止めて腕をおろすと、ちょっと違った感覚が感じられると思います。人によって違うらしいので、「こうです!」とは言えませんが、私の場合は、腕が自分の所有物であることを改めて感じた・・・という感じです。つまり腕が体の幹である胴体とは別物に感じるような、それでいてそこにちゃんとくっ付いている物体であると再認識できるような、そんな感覚です。

腕って体の一部であることが当たり前で、適当に笛を持って、適当に吹き始めちゃうみたいな・・・適当感満載だったのですが、腕は別ものという感覚が出来ると構えの美しさも変わります(美しいと、自分で言ってしまいました)

肩は腕の根元で、腕とはハンガーがごとく、胴体にぶる下がっている物体なのです。フルートを構えて、完全に肩が腕を支える状態になってしまうと、肩に力が入ってしまいます。この根っこである肩甲骨とのコンタクトを失ってしまわないように、肩甲骨から変に浮いてしまわないように(フルートを構えれば、少しは上に動きますが)気をつけてみましょう。

注意すべき点は、私も先日やって思ったのが、若い頃よりすべての動きがきつくなっているということです。ということで、とにかく無理をする必要はなく(脱力運動からぎっくり肩になっては大変!)、出来る早さ、出来る範囲で動かすことです。

肩、上半身上部についての運動はもう一つあるので、次回はそれをあげたいと思います♪


リクエストがあると記事も書きやすいです(^^)皆さん何かリクエストありましたら、リクエストページコメント欄、またはflute_start_enjoy_master-request@ヤフー.co.jp (ヤフーをyahooに置き換え)へどうぞ♪



リクエストはこちらから
目次一覧へ
教本一覧へ
ベルギー発子供用教本へ



KANDA NOZOMI MUSIC  ホームページ
KANDA NOZOMI MUSIC  フェイスブック