フルートは音痴?ー音程を気をつける

気がつけば10万以上のサイト訪問があったようです。ありがとうございます。上達の上での何かしらの参考になっていれば幸いです。

さて、タイトルの音程のお話。以前にもアンサンブルのテクニックで書きました。


横に吹く笛というものは、フルートに限らず、歴史的に万国共通で音痴楽器らしく、イタリアバロック時代の指揮者が「フルートは音痴だから嫌になる」と言ったとか、三味線唄の方に「笛吹きさんは音を外されるので唄いにくい」と言われているなどという語録が残されています。

万国共通、歴史的に深い、この笛吹き音痴。


「楽器が悪かったんだ、楽器が。今のフルートは改良されて音程もバッチリだよ」


と皆さん仰るかもしれません。しかし残念なことに、フルートという楽器は現在のモダンフルートになっても、音程というのが実に厄介な楽器です。


初心者が最初から音程に気をつけるのは結構至難の技です。というのも「正しい音程で演奏する」ということが、ある程度の技術がないと難しい楽器だからです。

概して、高音域はべらぼうに高くなり、その音域の音程を合わせるために頭部管をうんと引き抜くと低音域がべらぼうに低くなります。口に頼らずお腹からしっかり吹くこと、脱力すること・・などで段々解決されては行きますが、そう簡単にはいきません。


個人的経験では、部活などで音程を合わせようと、縦の線(和音)を気をつけることは最初の頃から気をつけていたようには思います。合奏で和音が合っていないと気持悪いですからね。それに関しての練習方法は以前のアンサンブルのテクニックで練習方法を読んでください。和音感覚を身につけるという意味での練習方法を書いてあります(複数でもできる方法など)

しかし一人(とピアノとか)で演奏する場合には意外と歌心やら、音色やらには注意しても、そこまで音程に気をつけていないこともしばしば。ある程度の音程は楽器に頼れても、音程は気をつけるべき課題です。でないと、折角素敵に音楽的に吹けていても、気持込めて歌えば歌うほど音程が上ずって何となく下手・・・なんてことに。


そんな音程の問題がリアルに響くのが「バッハ」だな最近思いました。


というのもバッハを練習してるからなんですが(笑)


…もちろんどんな曲でも音程が悪ければ気になりますが、基本的な音の跳躍と音階のオンパレードのバッハは覿面です。そんなに高音域はないのに(笑)


一度フルートを置いて、鍵盤楽器なり、チューナーなりと音程に非常に注意しながら歌ってみてください。あらー、こんなに音離れてたのね、高音ここまで高くなかったのね・・・とか、色々発見があるかと思います。


さて、自分の笛は音痴だった・・・と気付いたところで、どうやって練習するか。


・まずは歌えるようにしてみる(ゆっくりでOK) 時々鍵盤を外して歌ってみると、自分の音程の良さが(!)わかる。↓下のように、主要な音だけとって歌っていくなど・・・




・通奏低音と練習する(録音したりして)


・スラーで練習する。たっぷりした良い音で。唇のしなやかさを得るにはとても良い(疲れる)訓練。バッハに限らずテレマンファンタジー独奏など、跳躍が多くあります。バロックフルートの方がモダンよりも楽に跳躍が出来るというのも要因かもしれません。跳躍が続くと、アンブシュアの条件が悪くなる…などで、吹くことそのものがしんどくなり、どんどん音程が適当になってきてしまう原因になります。唇のしなやかさは、息の安定は重要な点ですし、そんな調子外れな音程を耳が「気持ち悪い」と思ってくれるように、耳の訓練をしましょう。



これをゆっくり自分の音程がしっかり聞ける範囲でやってみると、うーん、なんだか違う曲に聞こえてきた・・・。なんてこともあるかもしれないです。


とはいえ、バッハの時代にはこれをバロックフルートというさらに音程的には不安定な楽器で演奏していました。だから音程が悪くても良いのですと言いたいのではなく、音程がカッチリ合えば良いのかというと、そういうわけでもないという、音楽の不思議もあるので、そちらもお忘れなく。




にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ

フルート吹きながら歌う(喉が閉まってしまう人にも有効)

この吹きながら歌うという現代奏法。現代曲では頻繁に使用されるテクニックです。

このテクニックは、そんなには難しくありません。とにかく吹きながら歌う。最初は楽器なしでフルートを吹くような口の形にして「うー」と声を普通に出します。そして、息をフルートを吹くかのように勢い良く出す。その時に声が止まらないようにします。喉の振動が(喉に)感じられるかもしれません。次は楽器を持って、音を出し、そして声を出してみましょう。音は「悪く」なり、声も「美声」ではないのですが…この奏法が狙っているのは別効果なので、それで構いません。↓冒頭のソロが吹きながら歌っている。


このようなテクニックが出てくる曲を浚うのは上級者だけかもしれませんが、ただ、この奏法、意外な所で別効果があります。それはフルートを吹く時に喉がウッウッと鳴ってしまう人です。喉がウッと鳴るのは、喉が変に閉まっていたり、力が入っていたりするから。段々治りましたが、当初私もそういうことが良くありました。


同時に歌う声帯を態と鳴らすこの方法は、喉に力が変に入っていると出来ないのと、喉の振動を自身で感じる事が出来るので、より喉に意識を自然と持って行くようになるようです。


喉の解放にも使える現代奏法!是非練習してみましょう!


  現代奏法エチュード
  奏法の説明集(曲ではない)




リクエストはこちらから
目次一覧へ
教本一覧へ
ベルギー発子供用教本へ



KANDA NOZOMI MUSIC  ホームページ
KANDA NOZOMI MUSIC  フェイスブック

暗譜について:暗譜の不安と暗譜教育

しかし、実は、「どうやったら暗譜出来るか」という悩みは、そんなに大多数ではないのではないでしょうか。暗譜はやれば出来る(時間を掛ければ出来る)。まぁ覚えるのも曲が複雑で長くなれば時間もかかるし、大変ということもあるんですけど…どちらかというと、基本的には暗譜出来てるんだけど、演奏してて突然、

次なんだっけ~!!!

頭真っ白~・・・・


という「真っ白の時間」がどうしたらなくなるかとかじゃないかと思うのです。暗譜との闘いの半分以上は、まさに頼るものは自分の記憶力しかなし、という状況下にある不安感との闘いじゃないかと…。

その不安感と闘うことで、音楽出来なくなるなら意味がないじゃないかということなのかな??最近は「暗譜強制せず」という入試や、コンクールが増えています。日本では少ないだろうし、ピアノ科にはまずないと思いますが、西洋でも最近は暗譜当たり前と思われているようなピアノでも暗譜をしないという 演奏もあります。

でも、賛否両論あるんでしょうが、子どもと、専門的に学ぶ学生は暗譜した方がいいなと思っています。暗譜は、どちらにしろやっぱり準備にそれなりに時間を 掛けなきゃいけないので、学生時代の一日中練習出来る時に、沢山して浸透させないと・・・と思いますし、突然の真っ白も、5回、10回と重ねるうちに、パニック度も減って何とかなるし・・・、そういう奮闘も含めて勉強だと思うので。

フルートという楽器は必ずしも暗譜を要求されません。有名コンクールでさえ暗譜の必要なしとかありますし、実際プロのフルート奏者の方々で、全暗譜でリサイタルする人というのは珍しいように思います。プロの方の演奏会となると、職人として自分に課題を負わせる面もあるでしょう が、聴衆は練習の成果を聴きにくるのではなく、音楽を聴きに来るわけですから、暗譜で不安が残る演奏になるよりかは、エンタテイナーとして暗譜じゃないけど素敵な演奏という方を選ぶ・・というのは当然に思えます。

しかしフルート科でも、時々暗譜が必要になったりすることもありました。中途半端に暗譜要求したりしなかったりのフルート。最初に「暗譜必要なし」という文字を見たのは、日本で某志望大学のフルート科入試。当時は私自身は暗譜に対する不安はなく、それより音を間違える方が恐ろしくて、暗譜を苦に思ったことはなかったので不思議でした。が、その辺から、若干暗譜を避ける期間がありました。

ところが・・・暗譜って一度しなくなると、舞台で暗譜演奏の恐怖度が半端なく上がります。なので日本にいた頃、邦楽の横笛習いに行って、いきなり初回から全部暗譜で宜しくと言われ、覚えられないし不安だし…。しばらくしないと、覚える能力も落ちちゃうのかもしれません。

かつて多くの国際コンクールで入賞(暗譜)したようなチェロ奏者で、某有名オーケストラで首席で弾かれていた方でさえ、「オケ始めて譜面みるようになったら、暗譜が不安で出来なくなったからもうしない」といっていました。譜面がないという不安感。譜面に齧りついて演奏してるわけではないですが、どこか心もとないというか。この「暗譜は習慣がなくなると怖くて出来なくなる」というのは、 鈴木メソードの鈴木慎一さんも愛に生きるの中で書いていましたけど。本当そうなんです。

自分が学生時代、この中途半端な 暗譜強要のせいで?「暗譜しなくても良いんだよ」という甘えがどこかにあったせいか、何か余計恐怖が増大したように思います。「もう絶対暗譜で問答無用です」という邦楽の方が、ツベコベ言えないから潜在能力発揮(大袈裟)が発揮されたような。

そういう理由からも子どもの場合は、発表会でもレッスンでも暗譜させるべきだと思います。暗譜出来るまで練習させるという目的もありますが、子どもの頃に暗譜という習慣がなかったら、音楽は目で見るものという意識も出来るので、譜面台から離れられない子になってしまうように思います。ずっと譜面台と一緒に育った子が、大きくなって暗譜を始めるのは相当苦です。
小学校の頃は鼓笛隊でマーチングバンド(当然暗譜)したりしましたし、今まで教えて来た子どもで暗譜出来なかった子は1人もいないです。それ位普通に出来る(曲も短いし)こと。普段のレッスンで、例えばメヌエットだったら3拍子で歩かせたり、色々工夫することで子どもも面白がって譜面台から離れます。

結局暗譜は大変だけど、その分見返りもあるから、若い時にチャレンジしてみて。ってことでしょうか。

暗譜なんて超簡単! 楽勝

と、言っているプロ奏者は誰もいません。大変なのよね…と皆さん仰る。かく言う私も、今は結構ジャンル限定暗譜。

のだめカンタービレの中に、コンクールで暗譜落ちして(細かい設定は置いといて)頭真っ白~って描かれてるシーンがあるのですが、先日もコンクールで暗譜落ちしてしまっている人がいました。そこで「コイツダメだー」って批判したり、笑う人は、音楽していない人か、自分棚上げな人です。気休め程度な話ですが、審査員だって、皆舞台の大変さは分かっている方々ばかりですから、暗譜落ちしたら恥というような意識を捨てて臨むことも大事だと思います。分かんなくなっちゃったよー〜(笑)くらいに思って臨めば、ストレスが緩和されて落ちない。「暗譜は大変だから、とにかくどこかに収まれば良いということにしている」という友人ピアニストの言葉。 

邦楽の笛の方、「400曲頭の中にある」とはやはりカッコいい。でも本には、全て覚える50歳頃に修行が終了して、芸の頂点は70歳って書いてありました。西洋音楽の世界だと30歳でももう年というような印象がありますが、世界によっては50歳まで修行らしいので、あまり焦らず、完璧と力まずが一番でしょうか?



リクエストはこちらから
目次一覧へ
教本一覧へ
ベルギー発子供用教本へ



KANDA NOZOMI MUSIC  ホームページ
KANDA NOZOMI MUSIC  フェイスブック